友だちの属性表示・ターゲティングメッセージ_1


効果を分析してより“刺さる”配信に!『友だちの属性表示』『ターゲティングメッセージ』機能


7月1日より新機能『友だちの属性表示』と『ターゲティングメッセージ』が使えるようになりました。友だちはどんな人たちなのか、実施した施策はファン層にどのような影響を与えたのか、といったことが『友だちの属性表示』で分析できるようになります。さらに、『ターゲティングメッセージ』でどの客層に配信するかを指定することができるようになり、お客さまによりフィットした配信が可能になります。

こちらは「プロ」プランお申し込みの方のみご利用いただける機能ですので、ぜひこの機会にプランのお切り替えをご検討ください。

※ターゲティングメッセージは7月6日(水)より提供開始です。利用可能となるまでお待ちください。

友だちの属性表示

友だちになってくれているのはどんな人か、を閲覧できる機能です。自店のファン層はどこなのかをより明確に判断し、客層に合わせた販促や顧客サービスを提供できるようになります。

閲覧できるデータ
 ✓性別
 ✓年代
 ✓居住地(都道府県まで)
※提供データは友だちになっているアカウントや利用しているスタンプの傾向から推計されたデータです。前日のデータを基に毎日更新されます。

活用例
 ✓現状把握
 ✓効果測定
  例:女性向けのキャンペーン後、女性の割合が増えているかどうかを見る
 ✓販促施策の立案
  例:男性が多いので男性向けキャンペーンを企画

memo:データはCSVでダウンロード可能です

ターゲティングメッセージ

友だちになっている人の中で、どの層に送るかを指定できる機能です。特定の年齢層だけ、男性(女性)だけの企画などターゲットに合わせて区切って打ち出すことで施策の効果の最大化を図ることができます。

セグメントできる属性
 ✓性別
 ✓年代
 ✓居住地(都道府県まで)
 ✓利用しているOS(iOS、Androidなど)
 ✓友だちになってからの期間
※提供データは友だちになっているアカウントや利用しているスタンプの傾向から推計されたデータです。
※『友だちになってからの期間』は、最初に友だち追加されてからの日数をカウントします。途中ブロックなどを挟んだ場合でも同様です。

活用例
 ✓アクティブ化
  例:友だち日数が短い層→クーポンを配信して直近での再来店を促す
  友だち日数が長い層→ショップカードの案内をして囲い込み
 ✓効果の最大化
  例:学生プラン→10代、40代に配信


『友だちの属性表示』『ターゲティングメッセージ』を利用するには

『友だちの属性表示』と『ターゲティングメッセージ』を使うためには、

・「プロ」プランの利用(※)
・友だち数100人以上


であることが必要です。

(※)2016年7月1日から施行される、LINE@の新しい料金プランの一つです。「プロ」プランについて、詳しくはこちら

▼『友だちの属性表示』『ターゲティングメッセージ』使い方マニュアル
http://lineat-webcollege.blog.jp/archives/1058884998.html

ぜひこの機会に「プロ」プランにお申し込みいただき、新機能『友だちの属性表示』『ターゲティングメッセージ』を店舗施策の効果向上にご活用ください。

引き続きLINE@をよろしくお願いいたします。

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら