kappa_001
全国に約340店舗を構え、こだわりのお寿司はもちろんサイドメニューも人気の、大手回転寿司チェーン「かっぱ寿司」。今回は全店舗のLINE@アカウント運用を担当されている、カッパ・クリエイト株式会社の大原さまにお話をうかがいました。

朝決めて営業開始までに配信できるスピード感が魅力


――LINE@導入までの経緯を教えていただけますか
最初は社内のシステム担当者に公式アカウントを紹介され、更にコストを抑えて実施できる方法としてLINE@を知りました。なかなか採用には踏み切れなかったのですが、当時の提携先がLINE@をやっており、身近な成功事例があったことを受けて、スタートしました。

――実際に導入されていかがですか
LINE@はなによりスピードが魅力だと感じます。メルマガは全店舗分の配信が終わるまでに4時間程かかることもあり、それぞれのお客様へ情報が到達する時間にどうしても差が出てしまいます。その点、LINE@は1,2分で配信ができ、ランチの情報や限定クーポンなど時間を決めて送りたい情報をタイミングよく送ることができます。
朝イチに決まった配信でも営業開始までにお客さまにお届けできるというのは、LINE@ならではの魅力だと思います。

――友だち集めはどのようにされていますか
基本はご来店されたお客様に直接お声掛けしてご案内しており、その他に店内放送やポスターも活用しています。実際に他のお客様がクーポンを利用しているのを見て、気になって友だち追加されるお客様もいます。やはり店頭での友だち追加が一番多いですね。

また、まだスマホの使い方がよく分からない方のために、ご自宅で友だち追加ができるように追加方法やQRコードを記載したカードを用意したり、HPにもLINE@のページを用意することで、検索でHPへ来たお客さまにも友だち追加してもらえるようにしたりと、なるべく入り口は多く、色々なところで知ってもらえるようにと心がけております。

登録数は半分でも、反応はメルマガの約2倍

kappa_003

――これまでに反応がよかったメッセージ・クーポン内容を教えてください
10%OFFクーポンなどが人気で、土日に利用されるお客さまが多いため土曜日に使えるクーポンは特に人気が高いです。年始に土曜日限定のクーポンを配信したところ、今までにない反応があり驚きました。
また、LINE@の友だち数はまだメルマガの会員数の半分くらいなのですが、同じクーポンを配信してもクーポン使用率はLINE@の方が約2倍でした。

――SNS、紙媒体など、様々なメディアの中でLINE@はどういう位置づけのツールですか
LINE@は地域別、店舗別の施策などをお知らせできるツールと位置づけています。
フェイスブック、ツイッターは全国の方に向けて配信しているので、どうしても会社全体のお知らせが中心となりますが、LINE@は店舗ごとのアカウントがあるので地域・店舗の限定情報を送ることができます。

――運用の体制についてお聞かせください
店舗は営業に集中してもらうため、LINE@もメルマガも営業企画部が管理して運用しております。 店舗や他部署からキャンペーン情報や新メニューについての配信依頼を受けて、私が文面を作成します。店舗限定のメニューやクーポンについても、店舗の担当者からの依頼を受けて私が設定して配信を行っております。
メッセージの配信は不定期で、フェアの切替が月初なので月初は固定ですが、キャンペーンの開始時期や店舗の状況に合わせて随時対応しております。

――運用面で大変なこと、気をつけていることはありますか
1回だけ、配信予約の設定後にメッセージの内容を間違えていることに気付き、約340店舗分を徹夜で修正したことがあります。それ以降は、一度文面を作成した後、部内や店舗の担当に確認してもらい、チェックの幅を広げて対応しています。

気をつけている点としては、食べ物を扱っており、写真が非常に重要になってくるので、文面はできるだけ短く簡潔にして、写真・チラシのデータを大きく載せるようにしています。
メルマガはURLからWEBサイトに飛ばないと画像などを表示できないのに比べ、LINE@のはそのまま画像が表示され、チラシのデータも綺麗に載せられるので、クーポンの内容やメニューの情報が伝わりやすいように思います。

――今後使ってみたい機能はありますか
アンケート機能はまだ使ったことがないので、ぜひ一度使ってみたいですね。
アンケート機能を使って商品の人気投票を行うことで、両方食べてもらって売り上げUPに繋げるといった施策を検討したいです。

kappa_004
――今後どのようにLINE@を活用していきたいですか
友だちが伸び悩んでいる店舗の取り組みを見直し、友だち数をより増やしていきたいと考えています。
友だち数は必ずしもお店の来客数に比例するわけではなく、来客数は多くなくても積極的に取り組んでいる店舗は友だち数の伸びが良く、来客数が多くても声かけなどの取り組みが弱い店舗はあまり伸びておりません。
配信を行った際の反応率は店舗ごとではあまり変わらず、友だち数が多ければもちろん売り上げにも反映されるので、そのことを店舗にも理解してもらって全体的に友だち数を増やしていきたいですね。

――ありがとうございました

アカウント画像


かっぱ寿司 練馬貫井店
kappa_002
業種:飲食店>すし
東京都練馬区貫井2-4-15
LINE@開始日:2014年8月
LINE@友だち数:4,854人 ※2015年10月時点
お店ページ:http://accountpage.line.me/kpz_302

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら