サエキモータース 本社ショールーム
創業41年、「完全現車主義」をポリシーにさまざまな並行輸入車に長年携わったきた老舗として評判が高い、東京都・葛飾区の「サエキモータース」。販売されている車はすべてベンツやポルシェなど1000万円以上の高級車というこちらのお店でもLINE@は活用されています。サエキモータースの代表取締役・佐伯さまに、導入の効果をうかがいました。

「お問い合わせ窓口」として導入


サエキモータース 本社ショールーム――LINE@導入のきっかけをお聞かせいただけますか
ちょうど弊社のスマホサイトを作り替えていたタイミングでした。自分自身iPhoneマニアということもあり、無料でできるならとりあえずやってみようかと使い始めました。顧客のほとんどがiPhoneユーザーということもあり、SMSでやりとりをすることが多かったのですが、逆にiPhoneを使っていない方と連絡を取る際は不便に感じておりました。その点、LINEであれば誰とやりとりするのにも非常に便利だと。

――LINE@導入前のお問い合わせ窓口はSMSのほか、どのようなものがありましたか
電話のほか、メールでの問い合わせフォームも利用していましたが、スマホからの場合は特にフォーム入力に手間がかかることがネックとなり、問い合わせの件数自体が減っていました。また、入力項目が多いフォームでは「お客さまが本当は何を一番に聞きたいか」ということが伝わりづらいため、多数の問い合わせがあると返信を書くだけでも時間がかかり、返信が翌日になってしまうということもありました。そのようなクイック感のないレスポンスですと、お客さまのほうもせっかく盛り上がった気持ちが萎えてしまいますよね。

――LINE@を導入されてその点いかがでしたか
実際に導入したことで、商談開始まで非常にクイックに進めることができています。お問い合わせへの返信もスマホからできるので非常に便利です。

ホームページ上にはLINE@の問い合わせ用バナーを貼り、お客さまが迷わずダイレクトにお問い合わせできるようにしています。ほとんど男性からのお問い合わせですが、女性からもお問い合せが入るようになりました。女性の場合、自動車販売店に電話をかけて問い合わせをすることに若干抵抗があるようで、LINEの気軽さがそのハードルを取り払ってくれているのだと思います。

LINE@経由で月に2台は高級車を販売


サエキモータース 本社ショールーム
――導入されて効果のあったできごとを教えていただけますか
シンプルに車が売れたということですね。LINE@の1:1トークを始めて3人目のお問い合せでまず1台売れました。お会いしたこともなくお名前しかわからない方でしたが、LINEでのやりとりを通じて「明日お店に行きます」と、わざわざ名古屋からご来店いただきお買い上げくださいました。LINEでの短いやりとりだけで売上に直結したことに本当に驚き、時代が変わったんだな…と認識させられましたね。それでもうLINE@に対して気合いが入ってしまって…(笑)

お店で実際に顔を合わせるのは初めてでも、事前にLINEのやりとりをしていると既に会ったことのあるような感覚でコミュニケーションがとれるので不思議ですね。その後も毎日何かしらのお問い合せが入りますし、LINE@を通じて月に2台は販売ができている状態です。

――どのような部分で他ツールとの違いを感じられていますか
基本的にLINE@できたお問い合わせの返信はすべて私が返信しています。いわば「社長へのホットライン」というようなものですね。電話の場合、状況によっては出られないこともあり、なかなかスムーズに進まないことがありますが、LINE@であれば連絡のすれ違いもなく、お互いにストレスなくやりとりを進めることができます。

例えば、予算面といった最もセンシティブな内容について直球でうかがっても、LINE@ですとなんら問題なくお答えいただけるので、購入いただくまでのスピードが圧倒的に速いです。店頭で時間をかけて1からお話するのと全然違うんですよ。口頭で直接話すよりもLINEでやりとりする方が購入に繋がるんですから驚きますよね。LINEの気軽な雰囲気がプラスに働いているのだと実感しています。

高額商品を扱う業界こそLINE@を活用すべき


サエキモータース 本社ショールームサエキモータース 本社ショールーム

――ホームページでのお問い合せの見せ方も工夫されていますね
いろいろと試行錯誤した結果、今の形になっています。友だち追加していただいた後のアクションがわかりづらいのでは…と考え、お問い合せをするまでの説明書きを1枚差し込んでいます。その説明書きが必要ないのではと削ったこともありましたが、お問い合わせがパタッと来なくなってしまいました。そこでやはり必要なんだと改めて実感し、再度追加しました。

LINE@の問い合わせバナーにしても、設置する場所や、バナー自体の文言に至るまで、初めてそれを目にする人を前提に、わかりやすくするには何が一番よいのかを必死に考えました。身内同士だと当たり前になっていて実は不便ということに気付いていないことがよくありますので、第三者の目線でチェックすることを心がけています。本当に細かいことですが、その細かさをしつこく追求したことが功を奏したのだと思います。

――同業種の方へアドバイスがありましたらお願いします
弊社では宣伝はホームページに絞り、LINE@はあくまで問い合わせ窓口という形の受け皿として利用していますが、それだけでも十分結果が出ております。弊社のような自動車販売店はもちろんのこと、不動産業界など高額商品を扱っている業種の方にこそ、積極的に使ってみてほしいと思っています。お客さまも不安なく問い合わせできますし、金額など電話では聞きづらいこともLINEであれば気兼ねなく聞いていただけます。

さまざまな業種の方が使っていけば最終的にLINE@がスタンダードになっていきますし、便利なものはどんどん浸透させて行った方がいいと思っているので「とにかくやってみてください」と。やってみたら凄く簡単ですよ。

――ありがとうございました

サエキモータース 本社ショールーム


サエキモータース 本社ショールーム
サエキモータース 本社ショールーム業種:自動車、バイク>新車販売
店舗所在地:東京都葛飾区青戸7-3-5
LINE@開始日:2014年/12月
LINE@友だち数:312人 ※2015年7月時点
お店ページ:http://accountpage.line.me/saeki




LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら