徳島県警察
様々な媒体を活用した広報をはじめ、警察音楽隊の活動等を通した情報発信活動を行ってきた徳島県警察は警察としていち早くLINE@を導入。「安全安心を誇れる徳島県の実現」のため、不審者情報や特殊詐欺の手口、交通ルールの徹底などを配信している徳島県警察にLINE@活用法をうかがいました。

徳島県警察
――警察本部としてLINE@を使用するケースが非常に珍しいのですが、導入の経緯、目的を教えていただけますか。
徳島県警察では、様々な媒体を活用し情報発信活動を行ってきましたが、各種の事件事故防止のため、広く県民の方々に効果的な情報発信を行う必要性が高まってきていることから、その普及が著しいソーシャルメディアに着目し、LINE@を活用することとしました。

――警察本部としてどのようなメッセージを配信されていますか。
徳島県警察では、LINE@の「メッセージ」と「ホーム」を使い分けて情報発信を行っています。
「メッセージ」は、主として注意喚起やお知らせを行い、「ホーム」では、各種のキャンペーンの取組みや各種訓練状況などの警察活動について情報発信をしています。

徳島県警察徳島県警察
――配信されている不審者情報などはどういった流れで通報を集め、配信されていますか?
県内の各警察署に電話などで寄せられた不審者情報を県本部担当課が集約し、情報発信課からLINE@で配信しています。

――様々なメディアの中でLINE@はどういう位置づけのツールですか。
紙ベースのメディアを見ない年齢層(若者等)に対する“お知らせるツール”として認識しています。

――友だち集めはどのようにされていますか。
LINE@利用開始当初は、それまでに利用していたソーシャルメディア(FB、Twitter)にて、「LINE@による情報発信を始めました」旨の投稿をするとともに、徳島県警察のホームページでSNSを活用した情報発信活動の開始を紹介したり、LINE@友だち追加のURLとQRコードを貼ったりしました。

――運用はどのようにされていますか。
情報発信課で管理・運用をしています。他の業務を担当する職員が兼務(掛け持ち)して対応しています。(課長以下5人程度です。)特段、負荷があるという状況にはありません。

――LINE@の工夫していること、気をつけていることを教えてください。
徳島県警察では、LINE@を活用した情報発信活動の改善点を模索するため、徳島県内に所在する私立大学の学生と連携しまして、LINE@による情報発信活動に対する改善意見の提供をいただく取組みを行っています。
気をつけていることは外部に向けての情報発信活動であることに加え、発信した情報については、回収が困難という特性があるメディアであるため、誤字脱字、不適切な表現など、事前のチェックを慎重に行っています。

――学生より、どのような改善意見がございましたか。
不審者情報に関して、「被疑者を検挙した場合はLINE@に流しても良いのでは」というご意見があり、被疑者を検挙した場合には、被疑者検挙を流す予定です。

――今後どのようにLINE@を活用していきたいですか。
徳島県警察の情報発信活動は、県警察と県民の方々との“架け橋”としての役割を担っていると考えておりますので、LINE@を利用されている方々にも「心に届く」、「分かりやすい」内容を提供していきたいと考えています。また、第三者の方々からの改善意見にも真摯に取り組むことで更なる利用者の拡大に繋がるものと考えています。

――これから同業種(国の機関)でLINE@をはじめる方へアドバイスがあればお願いします。
まずは「始めることが大切」だと感じています。

――ありがとうございました。



徳島県警察
徳島県警察
業種:官公庁>都道府県機関
店舗所在地:徳島市万代町2丁目5番地
LINE@開始日:2014年/1月
LINE@友だち数:3169人 ※2015年2月時点
お店ページ:http://accountpage.line.me/tokushimakenkei


LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら