LINE@オープン化により個人でもアカウントを開設することができるようになりました。今回はLINE@のご利用を開始されたなかで、専門的な職業の美容師としてLINE@アカウントどのようにご活用いただいているかご紹介いたします。

俺はお前を…お前を待ってたんだ…
美容師の在り方に革命をおこす

木村直人さん
air/ LOVEST SN.Div.Manager.


木村直人
美容師は今からやるべきツール
ヘアスタイルの写真を一斉送信され、その返信と同時に、「必ず出てくるユーザーの疑問・質問等」をまとめ、再び回答を一斉送信されるなど上手にご活用されています。
またブログのファンの多数がLINE@の友だちになっているため、メッセージは先行してLINE@を使用し投稿。そこに出てきた質問、意見等をブログにまとめて反映するなど、ブログとLINE@の連携をし、情報鮮度を高く保たれています。

ユーザーからの「店がLINEやLINE@でお客様とのコミニケーションを許してくれません」などの質問には、「『僕に任せてくださいよ』と言ってみるのもいいかもしれません。インターネットサービスは止まる事はないと思いますし、こういった大きな流れを止める事などもできず、頑なになっても無意味。それなら順応して使い倒した方が建設的。」などと返信。

・LINE@運用開始:2015年2月13日
・友だち数:1,474人(2015年2月18日時点)
・友だち集め:Twitter・Facebook・ブログにて告知

数日使ってみて反響は?
LINE@を経由して、3日間くらいで「6名様程の新規来店」がありました。予想はしてましたが、LINEの近寄りやすさはやはり凄まじいのですね。痛感しました。
言いにくい事も気軽に言えるのでしょう。
顧客の方々も普通に名前名乗ってくださり、お礼や感想を述べてくださるのでお礼文もスムーズに配信できます。そういった意味ではめちゃくちゃいいですね。

美容師という職業柄、「空いてる日」「スケジュール変更」など、友だち数が増えてきたら「なんか空いちゃったな。」なんて時にさらりと発信できるでしょうし、顧客友達追加が増えればスケジュールインフォメーションにもなりますし。
(木村直人さん公式ブログより引用)



LINE@は美容室として、また予約専用のアカウントとして、美容師1人1人が個別のLINE@アカウントを取得することができます。担当のお客様との予約調整やヘアスタイル、アレンジ、カラーのアドバイスや相談などもLINE@で受けることができるため、これまで以上にコミュニケーションがスムーズに。ファン、リピーターの育成に繋げることができますので、ぜひ、ご活用ください。

以上、他にも独特な活用方法をされている方がたくさんいらっしゃいますので引き続きご紹介していきます。これからLINE@を使ってみようと思っている方も、ここで紹介した方々のファンのみなさまも、ぜひ友だちになってみてくださいね。

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら