メガネスーパー
メガネスーパー公認フクロウとして「フクタン」とその妹の「フクリン」がイメージペットキャラクターを務める、全国チェーンのメガネ専門店「メガネスーパー」。今回約300店舗でLINE@アカウントを導入された理由や運用ノウハウを株式会社メガネスーパーの川添さま、石井さまにお聞きしました。

LINE@サービスの3つの強み


メガネスーパー
――LINE@導入の経緯を教えてください。
前職でこのLINE@サービスを活用させていただき、非常に効果が高いと実感しておりましたので、弊社でも是非運用をしたいと思っておりました。

――LINE@利用を決めた決定打は何でしょう。
導入のコストが安い。かつ、メルマガに比べて登録のハードルが非常に低い。また、メルマガよりも開封率、クリック率が高いという3点が強いので、その部分に注目し前々から押していますね(笑)

――肝となる友だち集めはどのようにされていますか。
店舗にご来店いただけるお客様の60パーセント以上が45歳以上です。年齢でいきますと、60代が一番多く、50代、30代と下がっていきます。
メルマガやコーポレートサイトに掲載するなどはすぐ行いましたが、一番獲得がとれたのは実店舗だったんです。お店の方がメディアとしての力が強いので、社内のスタッフに獲得を競争してもらうようなキャンペーンを実施しました。そうしたらすぐ2倍3倍と友だちが増加して…。POPを置いたり、500円オフのクーポンをつくるなど、スタッフがお客様におすすめしやすい状況を用意しました。
また、クーポンを発行した際にクーポンコードを記載し、それをPOSに打ち込むという流れで、きちんとした効果測定ができるので、検証する価値がありますね。

――現在までに配信したメッセージの内容を教えてください。
最初はキャンペーン情報や新作情報、新店舗の情報など会社として販促全体を配信しておりました。最近ではチラシのデザインを最適な形にリサイズして配信していますので手間もかかりません。

LINE@でコンタクトの予約を


――お店トークも使われているとか。
もともとお店トークのような問い合わせの機能を付けてくださいとリクエストしていたんです(笑) ただ、実際に機能ができた後に、弊社でどのように使ったらよいかイメージができていませんでした。他社の事例などを聞いて、弊社にはコールセンターがあるため、問い合わせや、LINE上で「いつもの下さい」という流れで注文を受けられたらスムーズなのではないかと思い実施してみました。

――どのようなお問い合わせがございますか。
大体、お問い合わせと注文で半々位です。内容は、カラコンを初めて購入したいのですが、とか、乱視用のカラコンはあるのでしょうか、といったものです。メッセージ配信した後にすぐにその内容に対してのお問い合わせだったりもありますね。

――利便性をどう感じられますか。
ユーザー視点で考えると、時間や場所を選ばずにLINEでトークしている流れでお問い合わせができるのはとても便利なのではないでしょうか。管理側としても、ユーザーごとに履歴が見れたり、問い合わせが入った時にスマホにメッセージが届くなどとても運用しやすいです。

売り上げがでている…そこが全て


――LINE@の導入効果はいかがですか。
LINE@を導入したことにより、お店で友だちを獲得してお客様にメッセージを配信、そして商品を購入いただくという流れで効果検証をしまして、売り上げに繋がっているのでそこが全てですね。実際に検証をして効果を実感したので、それなら「友だちの母数を増やせばもっと効果がでるのではないか」と考えるようになり、公式アカウントも始めたのです。
そもそもLNE@で効果が出ていなかったら、LINE公式アカウントなんて始められていないので(笑) それだけ効果を実感しています。メルマガと比較しても3、4倍のクーポンの使用率があり、メッセージを配信すればコンバージョンも上がるので他のメディアやSNSとは決定的に違いますね。

――今後の展望を教えてください。
現在300近いアカウントをLINE@でつくりましたので、今後は各店舗で「顧客を獲得し、メッセージを配信して売り上げをつくっていく」いうという流れを理想としています。公式アカウントとのすみわけをしながら、「メガネスーパーコンタクト」のLINE@アカウントを主軸として活用すること、また、お店トークを活用しながら注文のハードルを下げること、この2点を強めていきたいです。

――これからLINE@をはじめる方へアドバイスがあればお願いします。
LINE@のサービスがスタートした時点から活用させていただいておりますが、まだまだ活用している企業や店舗が少ないのかなと感じています。導入するしないを考える前にLINE@に関してははすぐに導入した方がいいと思っています。何のリスクもないのになぜ始めないの?と思ってしまいますね。小さくても効果検証していって、お客様に響く、響かないを実感しながら運用し、自社における「小さな成功事例や変化」を積み上げていくことが大事です。まずアカウントをつくって触ってみたら、何かしら得ることがありますよ。

――ありがとうございました。



メガネスーパー
メガネスーパー
業種:ショッピング、小売店>メガネ、コンタクトレンズ
店舗所在地:神奈川県小田原市本町四丁目2番39号
LINE@開始日:2013年/7月
LINE@友だち数:7331人 ※2015年1月時点
お店ページ:http://accountpage.line.me/meganesuper


LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら