アビスパ福岡
福岡市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟する「アビスパ福岡」。LINE@機能を巧みに活用し、アンケート回答率96%という数字を叩き出した運用担当のビビーちゃん(アビスパ福岡クラブマスコット)と大隈さまにお話をうかがってきました。

導入のきっかけは学生さんから


アビスパ福岡
――LINE@導入の経緯を教えてください。
大隈:導入のきっかけは、福岡大学の学生さんです。LINE@導入前から、Facebookやツイッターは活用していました。スタッフ間でもLINE@の話は出ていたのですが、SNSも沢山すればいいというわけではないと思っていましたし、Facebookやツイッターとの差別化はどうしていけばいいか、というところで躊躇していました。

そんな時に、福岡大学 商学部 太宰ゼミの学生さんから「若年層はLINE利用率がとても高い。LINE@を活用すると、ファンの方も喜ぶし集客も伸びるのではないか。」という提案をもらいました。学生さんからは、以前から「アビスパ福岡の集客について」をテーマとしていくつか提案をいただいており、「LINE@」はその中の1つでした。若年層からのLINE支持率の高さ、LINE@の魅力、LINE@の活用方法の企画提案をもらい、スタッフの中でも「それじゃあ、やってみよう!」ということになりました。LINE@開設当初から、ビビーちゃんと一緒に運営しているのですが、この案も学生さんから出てきたものです。実は、LINE@開設前まで、ビビーちゃんはお喋りしないキャラクターだったんですよ(笑)

――運営開始から約1年、友だち数はどのくらいですか。
大隈:現在7,000人弱です。開設直後から友だち数の伸びが良く、開設1時間半で100人、最初の1カ月で2,000人以上の方が友だち登録してくれました。現在も、少しずつではありますが着実に伸びてきています。

アビスパ福岡
――友だち集めはどのようにされていますか。
大隈:開設時には、アビスパ福岡公式サイトでリリースを行いました。公式サイトはファンの方が最も見てくださる場所なので、サイトトップページに掲載することで開設後直ぐの友だち数増につながったと思っています。
ウェブ以外では、ホームゲームに足を運んでくれた方用に、場内配布のフリーペーパー「MATCHDAY NEWS」等にLINE IDを入れて訴求しています。先日からLINE IDの横にQRコードを入れるようにしたのですが、友だち登録の伸び率が良くなりました。
あとは、時々キャンペーンを実施することですかね。ここ最近では「LINE@開設1周年記念キャンペーン」や「ホームゲームペアチケットプレゼントキャンペーン」を行いました。開設当初同様、アビスパ福岡公式サイトにてキャンペーンをお知らせすることで、友だち数増につなげています。

PRページ開封率アップの肝はタイトルの分かりやすさ


――キャンペーンの効果はいかがでしたか。
大隈:ホームゲームペアチケットプレゼントキャンペーンについては、アンケート回答率(開封率からの応募数)が96%と非常に高い数値となりました。わかりやすいタイトルにすることで、開封率が上がったと実感しています。アンケートでは、通常の観戦者ボリュームゾーンである30代と比較すると、LINE@読者層は20~30代と若干若めでした。今後の配信内容を考える時の、ひとつの指標になりますね。リサーチページ(アンケート)は初めて利用しましたが、「プレゼントオプション(※アンケート回答後、回答者へのお礼としてクーポン配信ができる機能)」があるため、回答率が高かったと感じています。枚数指定や当選確率も操作できるのは、嬉しいですね。
名称未設定-1
ビビー:プレゼントにはずれた方へ、もうひとつキャンペーンを用意していたの。トーク内で私に「はずれちゃった」と話しかけてもらうとキャンペーン(PRページ)を出すようにしていたんだけど、キャンペーンのタイトル名がちょっとわかりづらくて、参加者が少なかったわ。タイトル名って、やっぱり大事ね。この辺りは、今回学んだこととして次に活かして行こうと思ってるの。

アビスパ福岡
――普段、運営で心がけていらっしゃることはありますか。
ビビー:ブロックする友だちができるだけでないように、プッシュ通知は少なめにしているわ。タイムラインでは、ファンの方が普段見ることのできない選手の日常を配信しているの。私と一緒に写真を撮ってもらって、選手のいろんな一面をアップしてるわ。結構、貴重なショットがいっぱいよ。コアファンの方には、タイムラインをみて楽しんでもらえたらいいなって思ってるわ。

――これからLINE@をはじめる方へアドバイスがあればお願いします。
大隈:Facebookとツイッターは、LINE@導入の1年以上前から利用していますが、現在、閲覧の有効パーセンテージが最も高いSNSは、LINE@です。親近感をもってもらいやすい「LINE@」は、とても有効的だと思います。特に、弊社のように20代を中心とした若者へ訴求したいと思う企業であれば、より効果的だと感じます。既に他SNSを利用している場合は、他と差別化して、年齢層で配信するSNSをセグメントしたり、コアな情報のみLINE@(特にタイムライン)へ配信するなど、工夫をしながら使うことで、より多くのお客様に喜んでもらえると思います。

――ありがとうございました。



アビスパ福岡
アビスパ福岡
業種:スポーツチーム>サッカー
住所:福岡県福岡市東区香椎浜ふ頭 1-2-17
LINE@友だち数:6684人 ※2014年12月時点
お店ページ:http://accountpage.line.me/avispaf


LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら