中学・高校・大学受験を対象とした学習塾「早稲田アカデミー」。
“本気でやる子を育てる”という教育理念のもと、毎年合格実績はトップクラスを誇っています。
現在LINE@にて、小学生コース、中学生コースなど計4アカウントを運用中。
学習塾としてどのようにLINE@を活用しているのか、運用担当者の村瀬さま、斉藤さまにお話をうかがってきました。

親しみやすいツールのLINEを活用


wase02
―LINE@導入の経緯を教えてください。
村瀬:時代の流れを考えて、早稲田アカデミーでもIT化を図っていった方がいいという話が挙がり、プロジェクトを開始しました。その中で、LINEを活用する案もあり、LINE@というサービスを知り、導入を決めました。

―どのようにLINE@を活用しようと考えていますか?
村瀬:現在早稲田アカデミーは、高校受験(中学生コース)では合格実績全国トップと考えています。次は、中学受験(小学生コース)や大学受験(高校生コース)でも合格実績ナンバー1となることを目標にしており、そのためにはどのようなことを実践するのが効果的か考えていました。お子さまの中学受験を考えていらっしゃる親御さんや、携帯電話を持つのが当たり前になっている高校生に対し、生活の身近となっているLINEというツールを使いアプローチをしていくことで、早稲田アカデミーの魅力をできるだけ多く伝えれば、選んでいただけるチャンスも広がると思ったんです。

―友だちはどのように集めているのでしょうか?
村瀬:1回目の配信前に、まだ入塾していない方に向けて、折込チラシ内でLINE@の告知をしました。小学生コース、中学生コース、高校生コースの3アカウントとも、それぞれ100名ずつほど友だち追加していただきました。以降も、折込チラシを配布した日は、順当に友だち数が増えています。

夏恒例イベントの集客もアップ


wase03
―LINE@の効果を感じたエピソードを教えてください。
斉藤:夏フェスですね! 「実際に学校へ行ってみよう」というイベントなんですが、LINE@のメッセージからイベントページにアクセスされた方がとても多かったんです。配信日だけで440件、トータルで836件のアクセスがありました。イベントの集客自体も、例年より数は増えたので、LINE@の効果もあったと思います。

―運用面で工夫していることなどはありますか?
斉藤:そうですね、週に一度のLINE@ミーティングでしょうか。村瀬や他のスタッフに集まってもらい、先1ヶ月の配信スケジュールや細かい内容などを決めています。どのイベントを打ち出せば、多くの方に見てもらえるかなどを話し合う場になっていますね。

―今後の運用方針を教えてください。
村瀬:方針を考えているところではありますが、友だち登録をしてくださっている方にとって有益な情報を届けていきたいと思っています。まだ入塾はしていないが検討をしている方、少しでも興味を持っている方、そして既に入塾をして早稲田アカデミーの生徒となっている方・・・それぞれの立場の方々と接点を持つために、LINE@を上手く活用していきたいですね。
斉藤:まだ今は模試やイベントなどの告知しかできていませんが、友だちの方に早稲田アカデミーの魅力をより知ってもらいたいです。そのためにもまずは興味を持ってもらえるような配信・運用が大事だと思っています。

―ありがとうございました!


wase04


早稲田アカデミー
wase04アカウント名:早稲アカ(中学生コース)
業種:学習塾、進学塾
LINE@開始日:2014/06/02
友だち数:3943人(中学生コース) ※2014年10月現在
お店ページ:http://accountpage.line.me/wase-aca.js
他3アカウント(小学生コース、高校生コース、OBOGコース)運用中




LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら