現在全国19店舗全店にて、LINE@アカウントを導入している『パルコ』のインタビュー後編。
運用体制についてうかがった前編に続き、今回は松本パルコにスポットを当てて事例をご紹介します。

500円クーポンは即日引き換え終了


parco2 01
―松本パルコでは、全店初の試みとしてフライングセールを実施されたんですよね?
はい、7/1・7/2の2日間限定で、LINE友だち限定のフライングセールを行いました。7/3から始まる通常のセールと割引内容も全く一緒です。LINE以外のSNSや館内や出入り口へのポスター設置、店舗スタッフからのお声がけでフライングセールの告知を行ったのですが、この2日間で友だち数が350人も増えたんです! ショップスタッフに聞くと、「LINEを見て来ました」というお客さまも多かったようで、実施してよかったなと思っています。

―その他に反応がよかったクーポンなどはありますか?
500円クーポンも定期的に配信しているのですが、あっという間に引き換えが終わります。先着300名様限定のクーポンにしても、引き換え期間初日の午前中には、なくなってしまうんです。DMや他の媒体と比較して、影響力の違いが分かりますよね。

―松本パルコに関して、配信のコツはありますか?
松本パルコは、全店の中でもブロック率が低く、運用がすごく上手くいっている店舗の一つと感じています。ここぞというタイミングでクーポンを出したり、配信する情報の選択が良いんだと思います。あとは松本パルコ内のショップの告知もしており、ショップスタッフさんからお礼を言っていただけることも多いみたいです。

必要な時にすぐ配信


parco2 03
―今後LINE@で活用してみたい機能はありますか?
アンケート機能のリサーチページは使ってみたいですね。リサーチページを使えば、回答者の属性などが分かるので、その後のLINE@運用にも役立てられると思います。回答者にクーポンもつけられるから、通常のアンケートよりも回答率が上がりそうですし、興味ありますね。

―LINE@導入を検討されている方に向けてメッセージをお願いします。
LINE@は伝えたいときに伝えられるコミュニケーションツールです。紙のDMのように制作、印刷、納品などの長期的な制作期間がありませんし、必要な時にすぐ配信ができます。タイムセールなどにも適していますね。
LINEという多くの方が利用しているアプリ内で、お客さまと店舗や企業がここまでコミュニケーションできるサービスであるLINE@は、とても素敵なプラットフォームだと思います。お客さまの目に触れる機会が多いほど、価値やメリットは多いと思いますね。

―ありがとうございました!

parco2 logo


松本パルコ
parco2 company店舗名:松本パルコ
業種:商業施設
店舗所在地:長野県松本市中央1丁目10−30
LINE@開始日:2013/05/30
友だち数:17617人 ※2014年8月現在
お店ページ:http://accountpage.line.me/matsumotoparco



LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら