※「お店トーク」機能のご提供は2017年2月10日に終了いたしました。代替サービスとしてご利用いただける「1:1トーク」機能をぜひご活用ください。

モデルや芸能人がお忍びで通う美容再生治療のパイオニア『SakaiClinic62』。
クリニックとしてどのようにLINE@を活用しているか、お店トーク機能を使ってみて感じた利便性などを、坂井院長先生とエステシャン・栗田さまにうかがってきました。


ちょっとした連絡に使ってほしい


sakai04
―LINE@を導入したきっかけを教えてください。
坂井さま:実は私自身、LINEは最近始めたのですが、使ってみたらすごく便利で! こんなに使い勝手が良いツールで、クリニックの予約ができるようになったらいいなと思っていました。当クリニックは診療時間が短いので、電話をしても留守電になってしまうことが多いんです。患者さまにとって、予約変更や遅刻などのちょっとした連絡をしたい時、メールは面倒だろうし、気軽にやりとりができる方法はないかと思っていた時に、LINE@というサービスを知り導入を決めました。
栗田さま:とても簡単な手続きで始めることができましたね。

―友だち集めはどのようにされていますか?
坂井さま:無料で作れるポスターをクリニック内に置いています。あともうすぐHP上にもLINE@の友だち追加ボタンをつける予定です。既存の患者さまには、来院された際にご案内をしています。LINEを使っている方が多いですし、実際登録された患者さまからは「楽に問い合わせができるようになった」という生の声もいただいていますよ。

「こんな時にも便利」と後から発見も


sakai02
―お店トーク機能からのお問い合わせは、主に予約の内容が多いのでしょうか?
栗田さま:そうですね。これまでに、予約に関するお問い合わせが4件ほどありました。中には「予約の時間に遅れます」という内容もあり、ライトな連絡手段として使ってもらいたかったので、うまくマッチしているなと思いました。

―患者さまとのやりとりはスムーズですか?
栗田さま:はい。だいたい2~3回のキャッチボールで終わり、そんなに時間はかかりません。患者さまをお待たせしないよう、気がついたら返信するようにしています。やはりLINEだとスピーディーにコミュニケーションをとることができますね。

―お店トーク機能の便利な点はどこでしょうか?
栗田さま:時間を問わず、お問い合わせしてもらえる点です。LINE@をスタートした際は、クリニックのことを知ってもらうきっかけになるツールとして考えていました。でも使い始めてみたら、「あ、こんな時にも役立つ」と発見がいくつも出てきて。そのひとつがお店トークで、電話に出る頻度が減ることでした。スタッフ全員が治療に入ってしまうと、治療を中断して電話対応していたのですが、お店トークからのお問い合わせなら、後でまとめて返信できるのがとても便利です。

医者仲間にも紹介


写真 (16)
―今後どのようにLINE@を活用していきたいですか?
坂井さま:今は無料版なので、月に1度キャンペーン告知などを送ろうかと考えています。
栗田さま:当クリニックは患者さまとの関係が元々密なので、LINEからの予約に個別で返信できる点がとてもマッチしています。個人院だと診療時間が短いところも多いと思うのですが、患者さまが行きたい時間を気軽に聞けるので、予約を取るまでのハードルが下がりますよね。普段LINEを使う感覚で、お問い合わせなどをしてもらいたいです。
坂井さま:医者仲間にもLINE@のことを紹介しています。予約システムをつくるのって高額なんですが、その必要はないよって(笑) 何より、LINE@を始めたことで患者さまに喜んでいただけているのが、私たちも嬉しいですね。顧客重視のクリニックなので、LINE@友だちの方だけに向けたお得な情報をお知らせしていこうと思っています。

―ありがとうございました!

SnapCrab_NoName_2014-7-18_16-33-48_No-00

サカイクリニック62
sakai03店舗名:サカイクリニック62
業種:クリニック
店舗所在地:渋谷区道玄坂1-18-5渋谷AXヒルズ9F
LINE@開始日:2014/06/23
お店ページ:http://accountpage.line.me/sakai-clinic62



LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら