アンフィ
女性の心をくすぐる”新しくてかわいい”デザインが注目を集めるワコール発の下着セレクトショップ・AMPHI(アンフィ)。また、「北欧のくだもの屋さん」をイメージしたショップで、ブラジャーとショーツの自由なコーディネイトを提案するAMPHIの新業態AMPHI FULFRU(アンフィフルフル)。ご来店いただいたお客様と繋がりを…という想いから、国内12店舗でLINE@を運用中の株式会社ワコールの永田さまにお話を伺いました。

審査中にすべての準備を完結!前のめりでスタート

アンフィ

――LINE@を導入する決め手は何でしょう。
O2Oビジネスを行っている企業は多々あると思いますが、弊社ではまだ手付かずの状態で、何か始めなければ…と思っておりました。そんな時に、グループ会社の「PEACH JOHN(ピーチ・ジョン)」がLINE@を導入しており、簡単に始められるということから導入を決めました。

――お申し込みをされてから、どれ位の期間で開始されましたか。
お申し込みをして、審査をしていただいている1、2週間の間に、社内調整、店舗のスタッフへの共有や説明、チラシの準備、配信画像の手配など、必要な準備は全て済ませておりました。アカウント発行後、時間を置かずに始めたかったので、前のめりでスタートしました(笑)

――友だち集めの部分はどうされましたか。
導入したのがちょうどセールの時期だったため、店内がとても混み合っており店頭でお客さまにお声がけするのは難しい状況でした。そのため、店舗で購入された方を対象にショッパーにチラシを入れて、見ていただくという方法をとりました。セールの時期が終わり、店内が落ち着いてからは、お客さまに直接お声がけをしています。

――多店舗で導入いただいておりますが、どのように運用されていますか。
本部で一括管理し、運用しております。配信の数は、あまりうるさすぎるのも良くないと思い、月に1回、もしくは2回です。個店独自のセールなど、お得な情報がある時は、アカウントごとに追加配信しております。
また、週末にかけイベントをすることが多いため、木曜日に配信するようにしています。金曜日に配信される他社様のアカウントが多いため、木曜日は調度良いです。

配信するのは「お客さまに有益な情報」のみ

アンフィ

――導入後の効果はどのように感じられていますか。
現在、一部の店舗にLINE@を導入していますが、導入店舗は売上の前比100%を超えるところが多いです。特に、LINE@を導入している中で、お友だち数が一番多い店舗は、導入後ずっと前比100%を超えており、売上伸び率が好調です。その店舗のスタッフは、LINE@サービスへの意識が高く、積極的にお客さまにお声がけを行っているため、LINE@のお友だち集めや売上向上に繋がっていると思います。

――友だち数に対して、ブロック率が低い理由は何でしょう。
ご登録いただく際に、お得な情報を配信することをご案内しています。
弊社では、店舗で会員登録をしてくださる方のメールアドレスは登録していただいていないため、店舗会員様へのセールや割引きなどのお得な情報の発信は、LINE@、もしくは年に1、2回送付する葉書のみになります。店舗会員様へ店舗情報を直接ご連絡できるツールが少ない分、「お得な情報を逃さないために登録しておこう」と思ってくださっているのだと思います。
また、プッシュ通知のメッセージは短くわかり易くするよう工夫しています。

――メッセージ内容はどのように決められていますか。
プッシュ通知では割引きでしたり、ポイントフェアでしたり、「今お店に行ったらこんな特典があるよ」といった、お客さまにとって有益な情報のみ配信しています。通常の商品情報などは、LINE@のタイムラインを利用し、お客様のご都合の良いタイミングで見ていただけるようにしています。

――LINE@と、他のプロモーションツールの切り分けはどうされていますか。
LINE@以外では、ホームページ、Twitter、ブログ、メール会員様へのメールマガジンなどを行っておりますが、LINE@では、「店舗に足を運んでくださったお客さまに対してのサービス」と考えておりますので、掲載内容は切り分けをしています。

割り当てをきちんと決めた運用が大切


アンフィ
――LINE@を含めた今後の展望などございますか。
LINE@を始めて、どういった部分に効果がでるか見えてきている部分もあるため、基準を決めて強化店舗から導入するなど社内で検討しております。また、ワコール本体の方でもLINE@というサービスに興味がありまして、他ブランドなどから問い合わせが入っています。

――LINE@運用後の、メリット、デメリットがあれば教えてください。
弊社では、店舗で会員登録をしてくださる方のメールアドレスは登録していただいていないため、ご購入後に簡単にコンタクトを取ることができませんでした。今は、リアルタイムで店舗のお得な情報を配信できるため、大きな進歩だと感じています。デメリットは、特にありません。

――これからLINE@を始める方にアドバイスをお願いします。
配信頻度や配信内容、使用方法など、どう運用していったら効果的かという部分を事前に知っておいた方が良いと思います。配信を多くしすぎるとブロック率が上がってしまうなど、注意点を頭に置いた運用を行うことが大切だと思います。
また、SNSなども含め、多くのサービスがあるため、どの部分をどのサービスで行うかという割り当てをきちんと決めて運用されることをお薦めします


――ありがとうございました。


AMPHI(アンフィ)
アンフィ
業種:ショッピング、小売店>ファッション、アクセサリー、時計
店舗所在地:大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア大阪5F
LINE@開始日:2013年/12月
LINE@友だち数:631人 ※2014年6月時点
お店ページ:http://accountpage.line.me/amphi.lucuaosaka




LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら