006
NHN Japan 株式会社では2013年3月13日、LINEを法人利用したい企業さまに向けてLINE@』ビジネスセミナー「できる店舗のLINE@活用術」の第2回目を渋谷ヒカリエにて開催いたしました。1回目のセミナーの様子はこちらをご覧くださいませ。
今回も多数のオーナーさまにご参加いただき、LINE@アカウント開設の有益性についてご案内いたしました。
ここでしか話せない内容も飛び出した2時間の様子をダイジェストでお伝えいたします。
LINE@を詳しく知りたいオーナーさまは、ぜひ実際のセミナーへお越しください。


講演『LINE@を知る!』



はじめに、LINE公式アカウントを例に、企業アカウントとユーザーの関係性についてお話ししました。
弊社が実施したアンケートによると、LINEユーザーの半数以上が企業アカウントと友だちになっており、友だち追加はごく自然な行動であることがわかっています。ここまで発達した理由のひとつとして、スマートフォンが生活の一部になった背景があります。

ab32e11b82edbee6da9b290c44121714


LINEには生活導線のなかでメッセージを読む(読まれる)、即時性があります。
スマートフォンは移動中に見れますので、企業アカウントを友だち追加しているユーザーは
情報入手→来店→購買が一連の導線で完結します。

たとえば、仕事や学校が終わる→帰路につく→電車に乗る→帰宅する
この移動中にクーポンが届けば、外食など寄り道に繋がるかもしれません。
お昼前の空腹時においしそうな写真つきメッセージが届けば、ランチタイムに食べに行きたいと思うはずです。

情報が洪水のようと言われる現在、LINE@が得意とするジャストインタイムのメッセージ送信は大きな価値があります。

森啓(NHN Japan 株式会社)



特別講演『導入企業に聞くLINE@』



続いて、LINE@をご活用いただいているピザのファストフード「Napoli’s PIZZA&CAFFE」(ナポリス)代表の續大輔さまにご登壇願い、実際の配信メッセージや効果といった、貴重な「現場の生の声」を頂戴しました。

Napoli’s PIZZA&CAFFEは渋谷と自由が丘に店舗を構え、25cmマルゲリータピザを1枚350円で提供することで人気に。刑事ナポリスはお店の看板キャラクターです。
以前インタビューしましたLINE@活用事例よりさらに掘り下げたお話をいただきました。
クーポンは全4例のうち、1つの例を掲載いたします。


004



LINE@を導入した2つのワケ



1.『刑事ナポリス』のファン獲得
お店のブランディングのため、店舗のキャラクター『刑事ナポリス』とお客さまが交流できる媒体を求めていました。交流することでお客さまがファンになりお店に来てくれます。

2.LINE@の『友だち』という関係性
『お店と友だち』になるのは、お客さまとの距離感が非常に近いです。さまざまな企画を配信することで、さらに位置が縮まると思いました。


Napoli’s PIZZA&CAFFEの活用事例

(一部抜粋)

『雪の日クーポン』
・その日限定のサービスで特別感
・大雪でも営業しているアピール
・ポップアップ通知による即効性浸透性

その日に付加価値をつけていく、1日限定の即効性のあるクーポンです。約300人の友だちがいて、30人前後のお客さまがクーポンを使用されました。
2_1

実際に活用してわかったLINE@の魅力は、ポップアップ通知により即時開封が狙え、悪天候に左右されないメッセージが配信できることです。
店舗側の意図した通りの効果が期待できますので、スタッフからも好評です。

續 大輔さま(株式会社ツヅクル)



講演『こんなに簡単!LINE@』



導入後の運用をイメージしていただけるよう、管理画面を使って初期設定から配信まで一連の操作をご紹介する、デモンストレーションを行いました。参加者さまのLINEへ実際のメッセージを配信したり、設定のコツも披露いたしましたので、その一部をご紹介いたします。

005


LINE@アカウント告知の前に設定するもの(基本設定)



1.プロフィール
→お店の顔となるアイコンはロゴや外観も良いですが、飲食店なら看板メニュー、ネイルサロンなら作品を載せると印象的です。
2.ひとこと
→検索対象となる言葉です。「カフェ」「ピザ」など含めると見つけやすくなります。
3.友だち追加時あいさつ
→友だち登録するとすぐ送られます。ここでクーポンやお得な情報を載せるとお客さまに喜ばれます。
4.自動応答メッセージ
→お客さまが話しかけると、自動返信します。複数設定できますので、営業中や準備中、連絡先を載せておくなど工夫できます。


LINE@はアカウント登録後5分程度で基本設定が完了します。アイコンや初期メッセージは早めに登録するのがオススメです。LINE@の管理画面や操作は非常にシンプルですので、オーナーさまの思う通りにLINE@をご利用いただけたらと思います。

佐藤はる奈(NHN Japan 株式会社)



質疑応答



Q:ナポリスさまへ質問です。他SNSとLINE@の使い分けはどのようにしているのでしょうか? それぞれの効果も教えてください。

A:Facebookのいいねは1万以上獲得しています。LINE@が始まる前までFacebookの運用に注力し、2000人以上フォロワーがいるTwitterで情報を拡散する方式でした。
LINE@を始めてからは、LINE限定裏メニューなど話題を作り、使用したお客さまがTwitterでつぶやいた結果拡散されています。LINE@はファンを育成し、距離を縮めることができると思っています。

Q:管理画面でアカウントの「検索する」「検索しない」を切り替えできますが、「検索しない」メリットはあるのでしょうか?

A:もしアイコン画像等の基本設定をしないまま「検索する」に切り替えてしまうと、お店の情報が整っていないままLINE@アカウント一覧に掲載されることになります。すべて設定した後切り替えたほうが見栄えよく、お客さまは登録しやすくなると思います。

Q:これまでの申し込み数と、そのうち公共サービスの件数を教えてください。

A:サービス開始から1か月で1000以上の企業さまからお申し込みをいただき、1日100件以上のお申し込みいただいています。そのうち公共サービスは30件以上あり、京都府・千葉市・福岡市などがご活用くださっています。

Q:アカウントの注目度を上げるために広告枠の販売はありますか? 効果の見込みはどのくらいでしょうか?

A:先日リリースしましたLINE3.6.0バージョンの『LINE@カテゴリ』に『おすすめ枠』がございます。この枠を今後有料でご提供する予定です。効果は測定中ですが、試作としてテレビ番組ミュージックステーションさまのアカウントを掲載したところ、2日間で約8000人の友だち増加が見られました。

Q:公式アカウントとLINE@アカウントの違いは何でしょうか?

A:違いは大きく2つあります。1つめは公式アカウントはLINEアプリの目立つところに掲示していますので、十数万人単位の友だち登録が見込めます。LINE@はLINE@ナビの設定や各店舗さまの宣伝によります。2つめはお値段です。公式アカウント開設は800万円以上の費用がかかりますが、LINE@は5250円でご利用いただけます。


まとめ『今後のLINE@について』



LINE@は昨年12月にリリースし、まだこれからのびていく機能です。今後もさまざまなシステムを導入し、企業さまがビジネスで成功できるよう尽力していきたいと思っています。

本日から、LINE@導入企業さまに、LINEオリジナルスタンプ制作権をプレゼントするキャンペーンを開始しました。限定1社さまとなっておりますので、LINE@の活用を前向きにご検討くださいませ。

森啓(NHN Japan 株式会社)



LINE@を詳しく知りたいオーナーさまは、ぜひセミナーへお越しください。次回は2013年4月8日・17日に開催いたします。
セミナー終了後、個別相談ブースを設けておりますので、仔細な疑問もスタッフよりご対応させていただきます。
参加は無料。飲食、小売、アパレル、その他の実店舗を運営している法人のオーナーさまもしくはPR担当者さまが対象となります。
※各回とも基本内容は同じものとなります。

みなさまのご応募を心よりお待ちしております。


4月セミナー開催!



開催概要

日時

2013年4月8日(月)14:30~16:30(開場14:00)
2013年4月17日(水)14:30~16:30(開場14:00

場所

NHN Japan 27F
〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 27階 (入館受付:11階)

line@04_article_03

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら